足のイボ除去に効果的な対策法と、イボケアクリームは本当に効果を期待していいのか、徹底検証して解説していきます!

MENU

肌の仕組みといぼの関係  記事一覧

  • 足のイボ ウイルス性イボの原因と治療法は?

    足のイボは、ヒト乳頭腫ウイルスというウイルスが原因となってできることがあります。 ヒト乳頭腫ウイルスが原因となってできるイボはウイルス性イボと呼ばれており、感染することが特徴です。 ウイルスが引き起こすイボはウイルス性イ続きを読む

    足のイボの尋常性疣贅とは?

    足のイボのひとつである尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は、ヒト乳頭腫ウイルスが原因でできるウイルス性イボの一種です。 ウイルスには感染力があるため、他の皮膚にイボができないためにも、皮膚科で治療してもらうことをおすす続きを読む

    足のイボの治療法

    足のイボの治療法として、液体窒素やヨクイニン、スピール膏が挙げられます。 液体窒素量による治療法は皮膚科で行われていますが、ヨクイニンエキス配合の治療薬やスピール膏はドラッグストアやネット通販で手に入れることができますの続きを読む

    足のイボは皮膚科での治療が必要?

    足のイボは基本的に皮膚科で治療することになりますが、イボの種類によっては皮膚科で治療しなくて良いものもあります。 このページでは皮膚科で治療すべきイボとそうでないイボをまとめ、治療法についても説明していますので、足のイボ続きを読む

    足のイボは液体窒素で治療する?

    足のイボは液体窒素を用いた凍結治療で治療することが一般的です。 皮膚科で診察してもらうと、液体窒素を用いた治療法がまず提案されるでしょう。 皮膚科で行われる液体窒素療法は、さまざまな足のイボに効果があります。 このページ続きを読む

    肌や角質のターンオーバーの仕組み

    肌や角質のターンオーバーの仕組み

    多くの方が肌のターンオーバーという言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。 では、ターンオーバーの仕組みはどのようなものかご存知ですか? 肌にはターンオーバーという仕組みがあり、皮膚の健康や美しさがかかっています。 これ続きを読む

    自分で除去してもいいいぼはどんなもの?

    自分で除去してもいいいぼはどんなもの?

    イボには「ウイルス性イボ」と「非ウイルス性イボ」の2種類があり、それぞれのタイプにあった適切な処置が必要です。 イボの種類を知らないままケアしてしまうと、いつまでたっても解消することができません。また、悪化してしまう危険続きを読む

    医師に相談したほうが良いいぼとは?

    医師に相談したほうが良いいぼとは?

    イボは命にかかわるものではありませんが、見た目が気になるものです。そんな、誰にでも生じるイボに種類があることをご存知でしたか? 自分で除去ケアをすることが可能なイボもあれば、医師に相談することが適しているイボもあります。続きを読む

    若い人でも肌のざらざら対策は必要なの?

    若い人でも肌のざらざら対策は必要なの?

    お肌のザラザラやポツポツは加齢によるものと言われていますが、若い人でもそのような肌状態になることはあります。 そのため、若い人でも肌のザラザラ対策を行うことで、将来ザラザラ肌で悩む可能性を低められるでしょう。では、若い人続きを読む


    TOP